iMessage Stickerの作り方

Create_Sticker

当サイトをご訪問いただき、ありがとうございます!

LINEスタンプを作成されているクリエイターの皆様は、iPhoneのステッカーをどのように配信するのか興味を持たれている方は多いのではないかと思います。

弊社では2016年10月からiPhoneの「iMessage Sticker」を配信しておりますが、実際AppストアTOPページにも掲載され、販売数の目安なども分かりました。

その実績を生かし、クリエイターの皆様にも申請方法を伝授し、新しい分野にチャレンジしていただきたいと思って当サイトを開設いたしました。

iMessage Stickerのリリース方法を覚えることは、iPhoneアプリの申請手続きを覚えることになります。
もしご自身の素材を使ったiPhoneアプリを作成でき、リリースすることが出来れば、クリエイター様の世界はいっきに広がります!

ご自身の素材を活用し、今後、販売先を広げていきたいと考えているクリエイター様、スキルアップを目指しているクリエイター様に向けて、iMessage Stickerの作り方や申請方法お伝えしていきます。

iMessage Sticker(=iPhoneのステッカー)とは?

iPhoneのステッカーは、iPhoneのAppストアに時々アクセスする方ならご存知かもしれませんが、Androidユーザーの方は目に触れる機会がないので、知らない方も多いのではないかと思います。

iMessage Sticker(アイメッセージステッカー)は、iPhoneのSMS専用のスタンプです。

iPhoneのユーザー同士のみが送受信できます。

2016年9月、iOS10へのバージョンアップ時にSMSの仕様が新しくなり、LINEアプリのように、メッセージ上にスタンプを送ることが出来るようになりました。リリースと同時に、スーパーマリオやポケモンなどの有名キャラクターのステッカーも配信されています。

仕様はデベロッパーにも公開されており、LINEクリエイターズマーケットのように誰でもステッカーを配信することが出来ます。

imessage sticker 見本
送信イメージ

▼Apple社が2017/3/13にステッカーの新CMを公開しました!写真の上にステッカーが貼り付けられる

iMessage Stickerの特徴

LINEスタンプは、静止画(またはアニメーション)のスタンプを単体で使用しますが、iPhoneのステッカーの場合は、ユーザーが写真や文字と組み合わせて任意の位置に配置したり、ピンチアウトの操作で拡大することが出来る仕組みになっています。

imessage stickerの特徴

■ステッカーの特徴
①写真・文字に対して、任意の場所に配置できます
②スタンプの拡大が出来ます(元サイズからの縮小は不可)
③アニメーション素材も対応
④写真・文字との組み合わせによる素材を企画できます(動物の耳パーツなど)
⑤リリース後でも、バージョンアップ(素材の追加・差し替え)が行えます

iPhoneのステッカー申請に必要な条件とは?

iMessage Stickerを申請するにあたり、大前提となる条件が2つあります。

条件1…Apple Developer(年間登録料:¥11,800/税別)への参加

条件2…macのパソコンでXcode上での作業

iPhoneのステッカーはどのように申請するのか?

iMessage Stickerのリリースする手順は、通常のiPhoneアプリの申請手順と全く同じになります。通常、プログラマーの方が行っている開発の一部を行うことになるため、クリエイターの方が個人で一から習得するのはなかなか難しいですが、申請までの流れを一度覚えてしまえば、誰にでも出来る内容となっております。

サイトは英語表記も多く、最初はなかなかとっつきにくいですが、慣れてしまえば大丈夫です!iMessage Sticker配信(+iPhoneアプリ配信)に向けて、新たな一歩を踏み出しましょう!!

※サイト上の情報は出来るだけ最新版を掲載するよう注意しておりますが、Apple社によるアップデートは頻繁に行われておりますので、手順やスクリーンショットの内容などが異なる場合がありましたらご了承いただければ幸いです。
当サイトのご利用にあたっては免責事項もご確認ください。

※現在、自社としてiMessage Stickerの開発自体を請け負っているため、当サイト上ではXcodeプロジェクトの一部分を非公開にしています。

まずは、次のページにて、全体の流れを確認してみましょう。
iMessage Stickerー申請までの全体の流れー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする